2015年10月01日

鬼才 高木和弘の世界

「鬼才 高木和弘の世界」、いよいよ明日です。
リハーサルを聴いて、是非これは聴いて頂きたいと思いました。
前半のパガニーニのキャプリスを松ア国生さんがソロヴァイオリンと弦楽合奏のための曲として編曲。「グランドファンタジー1027」と言う曲になりました。その曲名に相応しいスケールの大きい美しい名曲になっています。高木さんの演奏が又超絶素晴らしくて、この書き下ろしの名曲を是非聴いて頂きたいと思います。
曲名の由来の「1027」。奇しくもパガニーニと高木さんの誕生日の数字なのです。
後半はヴィヴァルディの『四季』です。これも高木さんのソロです。
10月2日午後2時までに事務局宛メール(office@musiccem.org)でチケットをご注文頂きました場合、前売り扱いとさせて頂きます。

『鬼才高木和弘の世界』
10月2日(金) 午後7時開演(6時半開場)
京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ
posted by 長岡京室内アンサンブル at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。