2015年10月11日

ご来場有り難うございました

10月2日「鬼才高木和弘の世界」並びに聖ヴィアトール教会の「白夜祭」には多数ご来場頂きまして有り難うございました。どちらも大変ご好評を頂き、スタッフ一同ホッとしております。
これからも皆様のCEM企画へのご参加心よりお待ちしております。
posted by 長岡京室内アンサンブル at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

10月3日 聖ヴィアトール教会でNuit Blanche 白夜祭

今日10月3日 京都市左京区北白川の聖ヴィアトール教会で、作陽弦楽合奏団がジェラール・プーレ氏とヴィヴァルディの四季を演奏しますnuit blanche.pdf昨日は高木和弘さんと四季を演奏しましたが、今日はどのような四季になるでしょうか。昨日聞いて頂いた方も是非ご来場下さい。入場無料です。
posted by 長岡京室内アンサンブル at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

鬼才 高木和弘の世界

「鬼才 高木和弘の世界」、いよいよ明日です。
リハーサルを聴いて、是非これは聴いて頂きたいと思いました。
前半のパガニーニのキャプリスを松ア国生さんがソロヴァイオリンと弦楽合奏のための曲として編曲。「グランドファンタジー1027」と言う曲になりました。その曲名に相応しいスケールの大きい美しい名曲になっています。高木さんの演奏が又超絶素晴らしくて、この書き下ろしの名曲を是非聴いて頂きたいと思います。
曲名の由来の「1027」。奇しくもパガニーニと高木さんの誕生日の数字なのです。
後半はヴィヴァルディの『四季』です。これも高木さんのソロです。
10月2日午後2時までに事務局宛メール(office@musiccem.org)でチケットをご注文頂きました場合、前売り扱いとさせて頂きます。

『鬼才高木和弘の世界』
10月2日(金) 午後7時開演(6時半開場)
京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ
posted by 長岡京室内アンサンブル at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。